タイミングベルトが 切れる予兆とは 

タイミングベルトが 切れる予兆とは 

タイミングベルトという部品をご存知でしょうか。このタイミングベルトが切れてしまったら大変なことになってしまうのです。
一般的にはタイミングベルトは10万キロを走ったら交換するように言われるのです。
では、タイミングベルトとはどのような部品なのかそれから確認してみましょう。
タイミングベルトとは、自動車やオートバイのエンジンを構成する部品の一つです。
カムシャフトを駆動させているコグドベルトを指しています。
現在では、タイミングベルトは新型のエンジンでは、タイミングチェーンの改良によりあまり搭載されてなくなってきているようです。
このタイミングベルトの切れる予兆というのは一般ユーザーでは確認しようがないと言われています。
そのため、先にも述べたとおり一般的には10万キロ走った時点で定期的な交換をしなければいけなくなります。
また、交換自体もかなりレベルの高いテクニックが必要になるので一般ユーザーでは業者に頼む形で交換して行きます。
タイミングベルトの壊れる予兆は一般ユーザーでは認知の使用がありません。しかし、壊れてしまうとエンジンが壊れてしまうので定期的な交換が必要です。フリーダイヤルでまずは無料カウンセリング